header_logo

ボートレースグランプリ【2022】の予想のコツは?押さえておくべきポイントをご紹介

grandprix_02

今年もいよいよ競艇グランプリが開催されます。

2022年の開催は大村競艇場。ナイターレースになります。

2022年は過去に賞金王をとった競艇界のスター峰竜太が不在の大会。

全国のイン勝率が高い会場なだけに、初日のドリーム戦1枠の選手がそのまま突き抜けるのか。それとも大村巧者が力をみせつけるのかに注目が集まります。

本記事では、ボートレースグランプリ2022の注目選手と注目情報を公開している無料サイトをご紹介します。

この記事の監修者
監修者画像
前山 進

1966年6月17日生まれ。東京大学卒業。

ボートレーサーを目指すも怪我のため断念。某有名競艇雑誌の編プロで働いていたが、廃刊を機に退職。フリーでライター活動をする中で福岡と出会い共感。

競艇予想サイト解体新書設立に参加。競艇予想サイト解体新書では主に検証記事を担当する。

...続きを読む

ボートレースグランプリの出場資格は?

ボートレースグランプリの正式名称は賞金王決定戦となっている通り、謂わばその年の競艇界No.1を決めるレース。

優先出場等の資格は一切なく、選手の実力だけで決まる大会です。

出場資格は1月1日からチャレンジカップ最終日までの獲得賞金ランキング1位から18位の選手が対象。

2022年の出場メンバーは以下の18名。

順位 名前 支部 獲得賞金
1位 馬場貴也 滋賀 ¥137,622,000
2位 山口剛  広島 ¥121,955,457
3位 片岡雅裕 香川 ¥92,111,485
4位 原田幸哉 長崎 ¥91,175,000
5位 深谷知博 静岡 ¥89,031,000
6位 菊地孝平 静岡 ¥86,000,000
7位 白井英治 山口 ¥83,800,457
8位 池田浩二 愛知 ¥83,543,000
9位 桐生順平 埼玉 ¥82,847,133
10位 椎名豊 群馬 ¥80,285,133
11位 石野貴之 大阪 ¥78,266,000
12位 毒島誠 群馬 ¥75,858,000
13位 遠藤エミ 滋賀 ¥75,637,200
14位 磯部誠 愛知 ¥74,230,000
15位 羽野直也 福岡 ¥70,660,833
16位 上條暢嵩 大阪 ¥66,233,000
17位 瓜生正義 福岡 ¥65,417,000
18位 丸野一樹 滋賀 ¥64,095,000

昨年度のボートレースグランプリを制した瓜生選手は17位でギリギリのランクイン。

2022年現在までの賞金獲得ランキング1位は馬場貴也選手。

ちなみにですが、これまで平成生まれの選手がボートレースグランプリで優勝したことはありません。

歴史的快挙となる瞬間を今年見ることができるのでしょうか。

ちなみに、ボートレースグランプリの獲得賞金は1億円のため、現状まだ賞金王のチャンスは18人全員にあります。

今年の賞金王はどの選手になるのか?今から楽しみです。

競艇グランプリとグランプリシリーズは違う!?

グランプリ開催中、裏で開催されているのがグランプリシリーズ。

グランプリシリーズは、その年の賞金ランキング19位から60位の選手が参加するレース。

そのため、グランプリとグランプリシリーズは別のレースなので間違いないように注意しましょう。

ここからはボートレースグランプリ、グランプリシリーズの仕組みについて解説していきます。

トライアル1st

競艇グランプリは他のSGレースとは異なり、2つの段階(トライアル1stとトライアル2nd)を経て決勝戦が開催されます。

ボートレースグランプリ2022ルール①

初日と2日目は今年度の賞金獲得ランキング7位から18位の選手が出場。

※2日目は初日のレースを基に組み合わせが決まり枠番は抽選で決定。

初日2日目の結果経て、上位6名が3日目から始まるトライアル2ndに進出することができ、下位6名は同時開催されているグランプリシリーズの予選へまわります。

トライアル2nd

3日目からは賞金獲得ランキング1位~6位の選手が合流。

ボートレースグランプリ2022ルール③

謂わば賞金ランキング1位~6位の選手はシード選手と捉えるとわかりやすいでしょう。

トライアル2ndは3日間に分けて開催され、上位6名が最終日の優勝戦へ進出します。

なお下位6名は順位決定戦へと進むことになります。

ボートレースグランプリ歴代優勝者一覧

ここからは、ボートレースグランプリ歴代優勝者と決まり手から過去の傾向を分析していきます。

開催場は違えど、傾向を知ることで少なからず予想の参考になるはずです。

次の表は、過去10年分の優勝戦のデータです。

年度 優勝者 進入コース 決まり手
2021年 瓜生正義 4コース まくり
2020年 峰竜太 1コース 逃げ
2019年 石野貴之 1コース 逃げ
2018年 桐生順平 1コース 逃げ
2017年 瓜生正義 1コース 逃げ
2016年 山崎智也 1コース 逃げ
2015年 瓜生正義 1コース 逃げ
2014年 茅原悠紀 6コース 差し
2013年 池田造二 1コース 逃げ
2012年 山崎智也 4コース まくり差し

10年で3度の賞金王を獲得した瓜生選手の勝負強さが光るグランプリですが、もう1つ注目したいのが優勝戦は絶好枠の選手が逃げで勝ちきっていることが多いという点。

2015年から2020年は1枠が5年連続で優勝。

さすがのグランプリ。実力者ともなればしっかりスタートも合わせてきます。

昨年のグランプリに関しては、第1ターンマークで4艇がクラッシュした大波乱のレースとなりました。

とはいえ、昨年のグランプリ開催地は比較的勝負にいける水面特性がある住之江競艇場。

今年は1号艇の勝率70%以上を誇る大村競艇場での開催なので、昨年のような波乱はまずないでしょう。

競艇のセオリー通りに買いたくなる方がほとんどなのではないでしょうか。

注目のモーター

グランプリを予想する際に見ておきたいもう1つのポイントがモーターです。

特に、2連対率(複勝率)が40%を超えているモーターを引いた選手は、スタート展示から注目して見ておきましょう。

なぜなら、これまでの過去傾向を見ても、結果を残しているのはエースモーター級の超抜モーターを使用した選手だという共通点があるから。

ちなみに今回のボートレースグランプリで使用されるモーターと前評判は下記の通り。

番号 2連対率 コメント
51 51.1% エース機の実力!
41 45.1% 女子の優出者多く、中間速が凄い!
50 44.7% 乗り手問わず軽快。
59 44.7% パンチ力は低下も出足、行き足良好。
43 44.5% 回った後の押し◎
20 44.2% 調整のゾーン広い
57 44.0% 菅章哉納得の伸び。十分勝負可能!
18 43.6% 大きな特徴はないが、全部が水準以上。
58 43.5% 出足&実績足上位。伸びは普通レベル。
22 42.8% 近況は大人しいがちょっとずつ良い。
63 42.5% どの足も標準以上。展開つくのに最適。
60 41.4% 行き足&伸びが凄い。
76 41.2% 伸びを好む選手の手に渡れば◎
31 41.1% バランスがとれて中堅以上はある。
29 40.2% 特に悪いところはなく水準はクリア。

出典:大村競艇オフィシャルサイト

注目はなんといっても51号機。乗りてを選ばず6月以降優出4回と抜群の安定感。

特に出足が良いと評判で、ターンまわりがスムーズだとか。

もう1機あげるならば43号機にも注目

近況2連続優出でともに準優勝。回ったあとグイグイ前に押す特徴が選手からも評価されています。

この2機が誰の手に渡るのか。1つ注目しましょう。

ボートレースグランプリ2022で狙うべき選手は?

ここまで過去傾向やモーターについて見てきましたが、結局誰を選んで良いのかわからないという方もいることでしょう。

そこで、ズバリ!競艇予想サイト解体新書が注目候補にあげる3選手をご紹介します。

迷った際には是非ご参考に!

優勝候補【馬場 貴也】

馬場選手

名前(年齢) 馬場 貴也(38歳)
級別 A1
出身地 滋賀
身長 168cm
体重 54kg
勝率 7.68
3連対率 69.03%
2連対率 56.10%
優出回数 9回
平均ST 0.14

現在2022年度賞金獲得ランキング堂々の1位。

今年は4つの重賞レースで優勝するなど安定感が光っていました。

そんな馬場選手は、1号艇で出走した際の3連対率は驚異の80%超え。優勝に最も近い選手と言えるでしょう。

予想をする際に迷ったら馬場選手を選べば間違いありません。

外枠からSGを制した【片岡 雅裕】

片岡 雅裕

名前(年齢) 片岡 雅裕(36歳)
級別 A1
出身地 香川
身長 155cm
体重 54kg
勝率 6.90
3連対率 62.77%
2連対率 50.30%
優出回数 5回
平均ST 0.12

現在、2022年度賞金獲得ランキング3位につけている片岡雅裕選手。

8月に開催されたSG戦の第68回ボートレースメモリアルでは6枠から見事に先着

200倍以上の配当が付く荒れた展開となりました。

インでもアウトでも勝負できる選手。モーター次第では軸に選んでも良いかもしれません。

一発がある狙い目選手【深谷知博】

深谷 知博

名前(年齢) 深谷知博(34歳)
級別 A1
出身地 香川
身長 164cm
体重 52kg
勝率 7.36
3連対率 71.77%
2連対率 51.80%
優出回数 8回
平均ST 0.14

2022年11月27日に開催された、チャレンジカップで6枠から見事優勝。

元より実力のある選手ですが、今まさに調子を上げている注目株。

更に、深谷選手は過去に大村競艇場で開催されたSG戦を制したこともあります。

大村競艇場と相性の良い選手のため、押さえておきたい選手の一人です。

ボートレースグランプリ2022の予想ポイントまとめ

ここまで2022年のSGグランプリに関する予想ポイントを紹介してきましたが、あくまでここまでの情報はデータから読み取れることばかり。

自分で一から予想したい人にとってはためになる情報でも、中には自分で予想をすると買い目が広がりがちの人や当たっても毎回利益が薄いみたいな悩みをお持ちの人もいることでしょう。

そんな人に向けて、競艇予想サイト解体新書がおすすめしたいのが、精度の高いプロの予想に頼ること。

正直個人で集めれる情報には限界があります。

膨大なデータベースを持っているサイトの分析のほうが、あらゆる競艇の死角を排除した予想になっています。

特に無料予想だけの収支でもトータルプラスを維持し続ける七福神や3連単を決まって6点前後で当てる闘魂ボートがその代表格。

七福神と闘魂ボート

七福神は無料予想でも平均回収率300%を超えるなど、配当に妙味のあるレース選びから分析まで優れた予想サイト。

・七福神の公式サイトはこちら

闘魂ボートは今回のSGの会場である大村競艇の予想を過去4回提供し、3回当てている相性の良さもあります。

・闘魂ボートの公式サイトはこちら

七福神も闘魂ボートも登録無料ですし、LINEの友だち追加だけでその日のレースの買い目が見れるので難しいことは何一つないので、グランプリ前に是非押さえておきましょう。

LINE公式アカウントバナー

競艇には、言わずとしれた「稼ぎやすいレース」が存在します。

しかし、末端の一般人ではそういった情報は手に入りません。

競艇予想サイト解体新書では、数々の予想サイトを検証するにあたって有益な情報網を獲得しています。

そういった情報網から得られる「注目するべきレース」の情報をLINE公式アカウント登録者限定で配信する用意があります。

参考にする、しないは皆さん次第。

ここでしか手にすることのできない情報を、ぜひ有意義に活用してもらえればと思います。

LINE公式アカウントQRコード