header_logo

戦国ボート(戦国BOAT)の予想を自腹で検証!有料予想まで使ってみた結果を大公開

C評価
戦国ボート画像
戦国ボート
2.6
的中率 回収率 無料予想 有料予想 高配当
2.1
1.9
2.9
3.0
2.9

【検証】戦国ボートを徹底解説!コレさえ見れば全て完璧

ども。競艇予想サイト解体新書の検証担当「前山 進」だ。

今回私が検証する競艇予想サイトはこちら。

サイト名 戦国ボート
URL http://boat-battle.com

戦国ボートは、かなり昔から運営している競艇予想サイト。

早速アクセスしてみたが、何の変哲もないどこにでもある予想サイトという印象だ。

長い間、サイトを運営できているということは、それなりの予想精度で会員を満足させているのだろうが、いまいちパンチ力には欠ける。

まあ競艇予想サイトの本質は見た目ではなく中身なので、当たって稼げる予想が公開されるなら文句は言わない。

ぜひ、利用価値のある予想が公開されることを期待しよう。

【検証①】戦国ボートのトップページ

まずは戦国ボートの基本情報を確認してみる。

流してしまう方が殆どだと思うが、意外と大切なことが書いてあったりもする。

押さえておいて損はないので、しっかりチェックしてほしい。

検証①-1戦国ボートとは

戦国ボートのトップページ

情報元 プロ予想師・競艇記者・元ボートレーサーなどと専属契約
分析 分析システムと熟練スタッフが徹底精査
スタイル 勝てる・儲かる実力を毎日体感できる。

戦国ボートの特徴をまとめてみた。

多くの競艇関係者と繋がりがあるようで、様々な観点から情報を収集できるとのこと。

また収集した情報は独自で構築したシステムで分析した後に、熟練スタッフによって精査されるらしい。

これだけ見れば、戦国ボートはかなり実力派な競艇予想サイトに思える。

だが、職場体験のように、戦国ボートの内部を可視化できるわけではなので、書かれている内容が全てハッタリである可能性も否めない。

戦国ボートの実力を証明するには予想へ参加するしかないのだ。

今の段階では、戦国ボートの予想は競艇関係者から仕入れているということだけ理解していればいいだろう。

検証①-2戦国ボートの的中実績

戦国ボートのトップページで確認できた的中実績は全部で6つ。

戦国ボートの的中実績

今回確認できた的中実績の中で、最低獲得金額は第三陣コースの5万・・・

5万81400円(笑)

58万1400円か5万8140円の間違いだろう(有料予想である以上前者の可能性が高い)。

的中実績は我々が有料予想に参加するかしないかを判断する重要な要素の1つ。

しっかりした競艇予想サイトであれば、ここでこのレベルの凡ミスをすることはあり得ない。

戦国ボートは大丈夫なんだろうか・・・

では気を取り直して、最低獲得金額は第二陣コースの117,180円。

最高獲得金額は天下統一の323,640円。

平均の獲得金額は164,620円となった。

有料情報の実績であることに加え、すべてコロガシ予想な点を踏まえると・・・

戦国ボートは堅めの予想で堅実に稼ぐことのできる予想サイトのようだ。

とはいえ、有料プランの参加料金を下回る利益では参加する意味がないので、プラン料金を調べてみると・・

最低額を叩いた第二陣コースは舟券代込で38,000円。

最高額を叩いた天下統一は舟券代込で70,000円。

一応、参加費用以上の利益は獲得できているようだ。

しかし、目標金額は第二陣コースが20万円以上、天下統一は記載されていないがプラン的に120万円以上が想定されている。

どちらも達成には遠く及ばず・・・

目標はあくまで目標だが、ここまで届く見込みがないのも珍しい。

戦国ボートの有料予想には、あまり大きな期待を持たないほうがいいだろう。

検証①-3戦国ボートの登録特典

  • 毎週水・木・金・土・日に無料予想を公開
  • 10,000円分のサイト内ptを付与

戦国ボートは、週の中日から週末にかけてのみ無料予想を公開する。

また、会員登録をした全員に10,000円分のポイントが付与されるとのことだったが・・・

戦国ボートの付与ポイント確認

貰えたのは5,000円分のポイントのみ。

5,000円の差は大きい。

なにかの手違いかと思ってサポートにメールで問い合わせてみたのだが、5日経過しても音沙汰なし。

あまりにも不誠実な対応。

私は競艇予想サイトを利用する上でその競艇予想サイトを『信用できるか』は重視しているのだが、現時点で私の戦国ボートに対する信用は限りなくゼロに近い。

これが私だけに起こった問題なのか、全員に起こる問題なのかはわからないが、10,000円分のポイントが貰えると書かれていても、5,000円分のポイントしか貰えない可能性があるということは頭に入れておいた方がいいだろう。

検証①-4戦国ボートの登録方法

戦国ボートの会員登録はメールアドレス1つで完結する。

GmailやYahooメールなどのフリメールアドレスを用意するだけでいい。

ただ、icloudのアドレスは使えないので注意が必要だ。

戦国ボートの登録フォーム

サイト内には上記のような登録フォームが用意されている。

「無料会員登録」をタップするとメーラーが起動する。

本文等を変更せずに送信。

すぐに折り返しのメールが届くので、本文に記載のURLをタップすれば完了だ。

所要時間はおおよそ1分。大した手間は掛からない。

また、配信メールも1日辺り4通程度なのでそれほど気にはならないだろう。

【検証②】戦国ボートの無料予想

ここからは、戦国ボートの公開した無料予想を使ってみる。

参加に掛かる費用はもちろん全て私の自腹だ。

その分、当たってしっかり稼げれば私の財布はかなり潤う。

今日の晩ごはんは特上うなぎ御膳か、それともカップ麺か。

うなぎが食べられることに期待する。

検証②-1戦国ボートの無料予想1回目(2020年12月3日)

今回、勝負したのは2020年12月3日に公開された無料予想。

対象は大村7R。夜の九州スポーツ杯の2日目。

実際に戦国ボートから公開された買い目がこちら。

戦国ボートの無料予想2020年12月3日の買い目

3連単の計6点。

推奨舟券代は記載がないので1点1,000円の計6,000円で勝負する。

続いて、公開された買い目ごとの前売りオッズも確認してみる。

戦国ボートの無料予想2020年12月3日大村7Rの前売りオッズ

組番 配当 推定払戻し 利益
1-4-2 11.2倍 11,200円 +5,200円
1-4-3 9.1倍 9,100円 +3,100円
1-4-5 5.9倍 5,900円 -100円
4-1-2 31.7倍 31,700円 +25,700円
4-5-1 18.5倍 18,500円 +12,500円
4-5-3 61.1倍 61,100円 +55,100円

戦国ボートの買い目だと、最低オッズで決着した場合100円のマイナス収支になってしまう。

いくら無料予想だからと言っても、マイナスになる買い目を公開されては参加する意味がない。

今回の場合、4号艇が1着なら最低でも12,000円以上の利益が見込めるので良しとするが、できれば堅い決着でもプラス収支になるレースを選定して欲しいものだ。

では続いて、ボートレースオフィシャルサイトが公開しているコンピューター予想を確認してみよう。

戦国ボートの無料予想2020年12月3日大村7Rのコンピューター予想

  選手名 級別 支部 モーター3連率 ボート3連率 前結果
1号艇 小畑 実成 A2 岡山 50.00 40.43 3枠2着
2号艇 柴田 友和 B1 福岡 46.67 35.37 6枠5着
3号艇 亀本 勇樹 B1 広島 54.84 57.29 2枠5着
4号艇 下條 雄太郎 A1 長崎 56.84 59.09 2枠2着
5号艇 下田 哲也 A2 香川 70.83 36.47 3枠3着
6号艇 末永 和也 B1 佐賀 36.36 42.71 5枠2着

コンピューター予想の本命は4号艇。

対抗には1・3・5号艇が選ばれている。

狙い方に大きな違いはないし、4号艇を本命にしたコンピューター予想の自信度は☆5とかなり高い。

これなら、12,000円以上の利益はゲットしたも同然だ。

しかも4号艇が1着、2着は5号艇。そして3着に3号艇が入線すれば5万円超えの利益が見込める。

この3艇にはぜひ頑張ってもらいたい。

では結果を確認してみよう。

戦国ボートの無料予想2020年12月3日大村7Rの結果

決着は2-4-1で231.0倍の配当がついた。

舟券代6,000円
=0円
舟券代10,000円
=0円

大半の人が軽視したであろうB1級の2号艇柴田選手が1着に入線し、レースは大荒れの展開となった。

結果は戦国ボート、コンピューター予想共に不的中。

非常に残念だし、初回不的中では今後の予想も不安になってしまう。

とはいってもレース結果が万舟では、無料予想なら仕方ないのかもしれない。

このレースを当ててくれれば信頼度マックスだったのだが・・・

次回の無料予想に期待しよう。

検証②-2戦国ボートの無料予想を分析!狙い方・クセを徹底解剖

初戦は、大荒れのレース展開に見舞われ不的中となった戦国ボート。

大荒れだから外れたのか。

それとも、元から不的中ばかりの競艇予想サイトなのか。

事実を確認する為、戦国ボートの無料予想に更に複数回参加してみた。

まずはその後の無料予想参加結果から確認してもらおう。

2020/12/17 桐生8R 【画像】
結果
1
2
4
投資金額¥6,000
¥0
2020/12/12 若松12R 【画像】
結果
2
3
5
投資金額¥6,000
¥0
2020/12/11 蒲郡7R 【画像】
結果
1
4
5
投資金額¥6,000
¥5,500
2020/12/10 蒲郡7R 【画像】
結果
4
6
1
投資金額¥6,000
¥0
2020/12/05 蒲郡7R 【画像】
結果
3
1
6
投資金額¥6,000
¥0
2020/12/04 桐生7R 【画像】
結果
1
5
3
投資金額¥6,000
¥0
2020/12/03 大村7R 【画像】
結果
2
4
1
投資金額¥6,000
¥0
戦績 7戦1勝6敗 的中率 14% 回収率 13.0%
平均
投資
6,000円 平均
払戻
780円
合計収支
42,000円
5,500円
収支 -36,500円

7回参加した結果、的中したのはたった1レースのみ。

しかも、唯一当たったレースもトリガミという結果だった。

見事なまでの惨敗っぷり。

戦国ボートは、使い続けても全く当たらない・稼げない競艇予想サイトだ。

では、戦国ボートの無料予想がなぜここまで稼げないのか。

参加した予想を更に細かく分析してみた。

回数 レース種 相手 点数 投資金
1回目 一般 1番人気 2.3.4 6点 6,000円
2回目 一般 1番人気 2.3.4 6点 6,000円
3回目 一般 2番人気 1.3.5 6点 6,000円
4回目 一般 1番人気 2.3.4 6点 6,000円
5回目 一般 1番人気 2.3.4 6点 6,000円
6回目 一般 1番人気 2.3.4 6点 6,000円
7回目 一般 2番人気 1.3.4 6点 6,000円
レース選び
一般(優勝)
重賞
レディース
一般
重賞(優勝)
企画/ドリーム
6番人気
5番人気
4番人気
3番人気
2番人気

1番人気
相手
6番人気
5番人気
4番人気
3番人気
2番人気

1番人気
投資金額
15,001円以上
5,001〜15,000円
5,000円以下
点数
1〜4点
5〜9点
10点以上

※チャートが大きい=払戻金額重視の予想
※チャートが小さい=的中率重視の予想

軸・相手ともに固い。とにかく固い。
もちろん、固い攻め方もアリではあるが、オッズが低くなるので買い目を絞らないとトリガミになってしまうし、的中率も70%は欲しいところ。的中率14%では話にならない。

何より固く狙う場合、荒れないレースの選定が重要になるのだが、そこも全くできていない。

現状では、戦国ボートの無料予想で稼ぐのは難しいと判断せざるを得ない。

戦国ボートはとにかく的中率にこだわっているようで、堅い予想が多く見受けられる。

その反面、対象となったレースは荒れる展開が多く、舟券代も少額なので利益にはつながらない。

対象にするレース展開を見抜けない上に買い目を堅く設定する。

正直、素人が予想してももうちょっとマシな気がする。

少なくても一定の競艇知識があれば、こんな予想にはならないだろう。

競艇関係者からの情報収集は『嘘』だと思っていた方がよさそうだ。

競艇予想サイト解体新書は、無料予想でしっかり利益を得られる予想サイトをまとめているので、無料予想で稼ぎたい人はそちらを参考にして欲しい。

>競艇予想サイト解体新書のおすすめサイトを見てみる

【検証③】的中実績の捏造を調査

現時点で世に出回る競艇予想サイトの中には、掲載している的中実績を捏造しているところもある。

無料予想で素人レベルの買い目を公開した戦国ボートは、実績の捏造をおこなっている可能性が高い。

有料予想の検証に入る前に、戦国ボートが掲載している的中実績に捏造の痕跡がないかを探ってみる。

検証③-1運営開始日と最古の的中実績の整合性を調査

サイトが存在しないはずの時に、的中したと実績を紹介している悪徳競艇予想サイトが存在する。

戦国ボートの場合、現状で確認できる最古の的中実績が2017年10月15日。

サイトをオープンする際に絶対必要なドメインの取得日が2017年5月18日。

5ヶ月以上あるのでサイトの準備を整えて、会員を集め予想を販売するには十分な期間だ。

ただ不審な点もあった。これを見てほしい。

戦国ボートの不審な的中実績

戦国ボートに掲載されていた最も古い的中実績は208年の12月。

まさかの三国志の時代から的中!?w

ちなみに、競艇の初開催は1952年の4月6日。

当たり前だが、208年に競艇が開催されているはずがない。

まぁミスなのだろうが、2017年を間違えて『208年』や『219年』と入力するとは思えない。

運営開始前にテキトーに入力していたダミーの的中実績を消し忘れているのだろう。

それにしても運営開始から3年経過しても気づかないとは。

余計なお世話かもしれないが、たまには自分達の運営しているサイトがどうなっているかくらいは確認した方がいいんじゃないだろうか。

【検証④】戦国ボートの有料予想

戦国ボートの的中実績は、怪しい部分はあるものの特に捏造されているという明確な証拠がなかった。

ということで、有料予想の検証に移る。

無料予想では惨敗だったが、有料予想で巻き返せるなら問題はない。

自腹で検証なので不安はあるが、ぜひトータル収支でプラスになることを期待する。

検証④-1戦国ボートの第二陣コースに参加【1回目】

今回私が選んだのは「第二陣コース」というプラン。

参加費用は18,000円で、獲得目標は20万円。

登録特典は5,000円分しか付与されなかったので実質13,000円で参加する。

無料予想での負けが現状36,500円なので、戦国ボートの実力が確かならこの参加で十分巻き返せる。

戦国ボートの振り込み予約

とりあえず振り込み予約は完了。

あとは、予想が公開されるのを待つだけだ。

結果が出次第追記するので確認してほしい。

【検証⑤】戦国ボートの口コミ・評判

ここからは戦国ボートが皆様からどのような評価をされているのかを確認していこう。

検証⑤-1競艇予想サイト解体新書に投稿された良い口コミ

無料予想に2週間参加したけどとりあえずはプラスになってる。だから良いサイトなんじゃないかな?言うて3,000円ちょいのプラスだから個人的は満足してないけど。今後の予想に期待かなぁ〜

マクベスさんの投稿。

高評価になってはいるものの、収支はたったの+3,000円。

今後に期待しての高評価なのだが、これまでの無料予想の結果から推測すると99.9%の確率でマクベスさんの状況は悪化するだろう。

戦国ボートの無料予想で勝負してマイナス収支になっていない時点で幸運なこと。

戦国ボートより稼げる競艇予想サイトはいくらでもあるので、今のうちに他の競艇予想サイトに乗り換えておくことをオススメする。

検証⑤-2競艇予想サイト解体新書に投稿された悪評

無料予想1ヶ月と有料予想2回使いましたが全然だめでした。惨敗です。たまーに当たるときもあるんですが利益になることはまず無いですね。舟券買うのが勿体ないと思いますよ。

のんさんからの投稿。

無料予想1ヶ月と有料予想2回で惨敗・・・

無料予想の参加頻度やどの有料予想に参加したのかがわからないので、正確なことは言えないが、おそらくのんさんのマイナスは軽く10万を超えている。

30万以上のマイナスになっていてもおかしくないレベルだ。

深入りする前に競艇予想サイト解体新書を見てくれてさえいれば、ここまでダメージを大きくすることはなかっただろう。

しかし、数十万円程度のマイナスなら優良競艇予想サイトで勝負していけば、すぐに取り返せるはずだ。

競艇予想サイト解体新書で【SSランク】【Sランク】認定している予想サイトの利用をおすすめする。

戦国ボートの検証結果

競艇予想サイト解体新書は戦国ボートをCランクの競艇予想サイトと認定する。

戦国ボートのCランク認定

しばらく参加した私の総合成績は・・・

戦績 7戦1勝6敗 的中率 14% 回収率 13.0%
平均
投資
6,000円 平均
払戻
780円
合計収支
42,000円
5,500円
収支 -36,500円

現状で35,000円を超えるマイナス収支となった。

まだ有料予想に参加していないため、検証の余地はあるが・・・

現時点ではあまり利用価値はないだろう。

【1分で完結】誰でも簡単に稼ぐ方法を公開

ここまでで、戦国ボートの利用価値が“皆無”であることは理解できただろう。

しかし、世に出回る全ての競艇予想サイトが稼げない訳ではない。

では、どんな競艇予想サイトを使えば、短期的に大きく稼ぐことができるのか。

本当は誰にも教えたくない方法だが、ここまで読んでくれた貴方にだけ特別に紹介しようと思う。

最短で稼ぐために必須な競艇予想サイトは・・・・

の3つ。

どれか1つのサイトでも十分稼ぐことはできるが、3つのサイトを合わせて使うことで、更なる真価を発揮する。

大きく稼ぐ為の手順

ステップ①→的中率特化の競艇バイキングで、とりあえずの軍資金を稼ぐ。

ステップ②→稼いだ軍資金を元手に安定感特化の競艇クラシックで少しずつ増やす。

ステップ③→それなりに増やした軍資金を使って利益特化のファイナルボートで大きく稼ぐ。

この方法を使えば、長期はもちろん短期でもしっかり稼ぐことができるだろう。

私自身も実践している方法なので、ぜひ参考にしてみてほしい。

<<競艇バイキングの公式サイトはこちら>>
<<競艇クラシックの公式サイトはこちら>>
<<競艇ファイナルボートの公式サイトはこちら>>

この記事の監修者
監修者画像
前山 進

1966年6月17日生まれ。東京大学卒業。

ボートレーサーを目指すも怪我のため断念。某有名競艇雑誌の編プロで働いていたが、廃刊を機に退職。フリーでライター活動をする中で福岡と出会う。

福岡の想いに共感し、競艇予想サイト解体新書設立に参画。責任者を務める。

競艇歴34年。パパ活アプリにハマり、今はグラドル3人のパパ。

競艇予想サイト解体新書では主に検証記事を担当する。

LINE公式アカウントバナー

競艇には、言わずとしれた「稼ぎやすいレース」が存在します。

しかし、末端の一般人ではそういった情報は手に入りません。

競艇予想サイト解体新書では、数々の予想サイトを検証するにあたって有益な情報網を獲得しています。

そういった情報網から得られる「注目するべきレース」の情報をLINE公式アカウント登録者限定で配信する用意があります。

参考にする、しないは皆さん次第。

ここでしか手にすることのできない情報を、ぜひ有意義に活用してもらえればと思います。

LINE公式アカウントQRコード